MINIジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー(ALL4)に試乗!「MEET MINI. 試乗キャラバン」@神戸にて

  • 2013年7月25日

2013年5月。関西ではあまりお目にかからないMINIのMINIによるミニモーターショーが開催されるとのことで、神戸三田プレミアム・アウトレットすぐ横の、イオンモール神戸北へひとっ飛び♪
男前豆腐店とコラボしたMINIクラブマン
展示場では、7番目のMINIとして2013年3月2日に販売を開始したばかりのPaceman(ペースマン)実車を初めて見て触り、
どういうわけか男前豆腐店とコラボしたMINIクラブマンの姿が。
MEET MINI. 試乗キャラバン@神戸
試乗会場に足を伸ばすと、MINIクラブバンを除く全モデルのMINIたちがスタンバイOK状態。
MINIクーペやMINIロードスターといった、街中ではほとんど見たことのないモデルたちも。
これらのMINIパーティーが、「MEET MINI. 試乗キャラバン」と銘打って、北は札幌から南は福岡まで全国12箇所を駆け巡っていることは、どのMINIも成田ナンバーをつけていたことから確認できます。
神戸で成田ナンバーに乗ることについては物凄く違和感がありましたが。
MINIジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー(ALL4)に試乗
試乗車にはMTモデルも用意されていて、MINIの中でも最高峰のスポーティモデル、MINIジョン・クーパー・ワークスを迷わずチョイス。
その中でも特に気になる一台、MINIジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー(ALL4)に試乗してみました。
MINIジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー(ALL4)は車両本体価格が6MT車で447万円、6AT車で460万円もする、大人のオモチャというには贅沢とも言える小さな高級車。
こんな車に試乗できる機械なんて、そうチャンスは無い。
MINIジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー(ALL4)に試乗
MINIの中で最も大きいMINIクロスオーバーですが、実際に運転してみると、ボディの大きさは全く感じず、むしろ大きいはずなのに、スムーズな加速、スムーズなコーナリング、キビキビとした走りに驚き。感じ方によっては、少し固めの足周りも、個人的には路面から拾うノイズが、ドライビングプレジャーを高めてくれました。

用意されていた試乗コースは、15分ほどでしたが、信号も少なく直線、カーブ、アップダウンのそれぞれを楽しめるコースで、交通量が少なかったあたりは郊外ならではの楽しみ方。「MEET MINI. 試乗キャラバン」は大阪なんばや京都でも開催されたのですが、都市部の渋滞に巻き込まれて、「試乗を楽しめるほどではなかった」のだとか、同乗して頂いたスタッフさんがおっしゃってくれました。
MINIに試乗中は、楽し過ぎて車内の写真を撮り忘れてしまいましたが、珍しい“逆L字型のサイドブレーキレバー”も特に違和感なく、信号待ちの時に自動でエンジンが停止するアイドリングストップ機能は、スポーティなMINIには不要かと思いましたが、MTのシフトチェンジもスコスコと気持ち良くギアが入ってくれます。

3速での加速を楽しんだせいもあって、5速に入れることなく試乗を終わらせてしまいましたが、これだけのパワーとトルクが備わっていれば、6速に入れる機会は、高速道路でもそんなに無いのでは?と思ってしまうほど。
ましてや260kmまで計測可能なスピードメーターは、もはやインテリアとしての飾りに他なりませんよね。

MINIジョン・クーパー・ワークス クロスオーバーまでは手が届かなくても、MINIの楽しさを改めて知ってしまった以上、MINIクーパー クロスオーバー(あわよくばクーパーS ALL4)あたりを次に乗りたい車の最有力候補としてノミネートせざるを得なくなってきました♪